2012年07月01日

3度目の奇跡を信じて

前回の記事で梅雨に入ってからライたんの元気が無くなって来ていると書きましたが、


s-1206256058.jpg


それでもお風呂のジャジャは毎晩欠かさなかったり、夕方の服薬一時帰宅が終わってまた出かける時は玄関まで見送りに来たりしてました。


s-1206276065.jpg


でも呼吸は若干大きくなってるし食欲増進剤を飲ませないとあまり食べないしで
元気度はあまり良くなくてしょぼぼーんな状態だったんだけど・・・


s-1206276077.jpg


ヤバ顔にはなってないしまだ大丈夫!と信じてライたんを励ましながら7月の闘病1周年のお祝いも絶対やるぞって思ってたんだけど、水曜日には酸素室に時々入るようになり、ちょっとしんどくなっちゃったかなと心配になってました。
食欲もどんどん落ちてきちゃったので1日1回で様子見してた食欲増進剤もこの日から1日2回にしました。


s-1206286078.jpg


6/27木曜日の一時帰宅の時にはフードは殆ど減ってなくて、また会社に戻る時の行って来ますにも無反応で心配だったけど、↑のライたんの顔は大丈夫そうだったし、急いで仕事を片付けてなるべく早く帰ろうと思いつつ再び会社に行きました。


s-1206286083.jpg


結局帰ってきたのは21時位になっちゃったんだけど、帰った時にライたんはリビングの入り口までお迎えに出てきてたし、ただいまのナデナデも嬉しそうにしてたから一安心して、ライペコの晩ご飯の支度をして酸素室にライたんのフードを持って行ったのです。

するとライたんは酸素室の中でウンチングの踏ん張りを始めたんだけど、ウンチは中々でずに諦めてストンと尻餅を着いた途端に開口呼吸になってしまったのです。


s-1206286084.jpg


酸素室から出てきて舌を出して苦しそうに息をし、再び酸素室の中に入ってまた出てきてを繰り返してるライたんに、慌てて酸素マスクを当てたんだけど嫌がって抵抗するので、酸素の濃度がなるべく高くなるように酸素室の扉を閉めて中に寝かせると、一声「おあ〜!」と苦し鳴きをしてそのままぐったりしてしまったのです。


s-1206286085.jpg


みるみるうちに瞳孔が開いて何も見ていないうつろな目になり開いた口からはべったりとした涎が出続け、いよいよお別れの瞬間が来てしまったのかと・・・
私が帰ってくるのを待っていたかのように急変したライたん。こんなに頑張って生きて来たのに、最後に苦しみながら旅立つだなんて辛すぎる悔しすぎる!もっと頑張ってって言いたかったけど言えなかった。

撫でたり声を掛けたりして励ましたんだけど、ライたんは声を掛けられるのもしんどくて迷惑そうだったので、ただただ酸素室にへばり付いてずっと見守っていました。

胸を触ると心臓の動きがね・・・凄かったのよ。なんかね〜・・・ドクドクとかじゃなくて、ドルンドルンって感じだったの。怖かったよもうやだ〜(悲しい顔)


s-1206286092.jpg


すると2時間ぐらいして開口呼吸は治まったんだけど、苦しそうな様子は変わらずで、そのまま明け方までライたんを見守ってました。
金曜日は会社の相棒君は撮影で不在で、ボスは立ち寄りがあって午後出社の予定だったので、バイトの仕事の手配もあるし休むわけにも行かず、ボスが来るまでに仕事の目途を付けて早退させてもらうことにしようと、取り合えずちょこっとだけ寝ることにしました。


s-1206296097.jpg


目覚めた時はライたんは酸素室の中で変わらずにうずくまってたけど、私が出勤の支度をしてたら酸素室から出て来ててビックリ( ̄□ ̄;)ギョッ

んでも服薬させたら再びぐったりしてハアハアになっちゃったので、酸素室に寝かせて出勤しました。結局仕事が中々終わらずで、いつもの服薬一時帰宅と同じ時間に会社を出ての早退だったけど、ライたんは留守中酸素室から出た様子も無く無事でホッとしました。


s-1206306106.jpg


私がいるとちょこちょこ酸素室から出てくるようにはなったんだけど、状態は思わしくはないかな・・・


s-1207016115.jpg


血栓が出来た様子もないし、突然のあの苦しみは何だったんだろう?
まあ心臓はとっくに限界を越えてて生きているのも不思議な状態だから、いつ何が起こっても不思議ではないんだけど、何かきっかけがあったのかと考えてみると、ウンチが出にくくなってることかも?ウンチを出やすくするように流動パラフィンは飲ませてるんだけど、担当医に電話で容態の連絡と薬の相談をしたら、以前に吐き気止めでもらってた薬が腸を動かす作用もあるのでそれを飲ませることにしました。

今日の昼に1回飲ませたら、先ほど1コロリン出たよ!もっともっと出ろ〜〜!
3月の危篤からの復活のきっかけになったのもウンチが出たからだし、今度もそうだと良いんだけど・・・


s-1207016118.jpg

今はこうして酸素室から出てきてお布団の上で寝ています。少し復活してきたのかしら?でも苦しそうではあるんだが・・・
昨年7月に突然の発症、肺水腫で危篤状態だったのを乗り越え、3月に血栓が出来足も麻痺して危うくなったけど復活してくれたライたん。どうかどうか3度目の奇跡も起こして欲しい。


昨日「響子のひみつ日記」のTAKUMAさんがライたんにエール写真を送ってくれました下


ライたんガンバレ.JPG


TAKUMAさんは年に数回南の島に人生考えに旅立つんだけど(笑)、こんな素敵な写真をありがとう!ライたん!皆応援してくれてるよ!まだまだ生きようよ!



*********************************
ランキングには参加しておりません。
仕事が忙しくブログ訪問も難しい状況ですが、
コメント残していただけるとウレシス〜♪

ニックネーム Chikaぽん at 17:57| Comment(10) | 雷銅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
********************************* ランキングには参加しておりません。 仕事が忙しくブログ訪問も読みポチ逃げしてる状況ですが、コメント残していただけるとウレシス〜♪