2011年07月24日

ライたん…祈りをこめて

ライたんは今、病院の酸素室で頑張っています…





何でっ?!!!ってほど突然に急激にライたんを蝕んだのは肺水腫と心臓肥大です。
病院の先生もびっくりするほどの急な発病でした。





ついこの前まで元気に過ごしていたのに…
サンボの尻尾にちょっかい出した後、おちりをクンクンしてくちゃーい!なんてしてたのにね。





上の写真は入院した日の4日前。お気に入りの行動でもあるキッチンの蛇口ぺるぺるを楽しんだ後に、そのままシンクにごろんとしてご満悦でいたりで、病魔が忍び寄っていたなんて全くわかりませんでした。

写真でライたんの左目がちょっとジクジクしてるのが分かるかな?
実はサンボのストレスのためか左まぶたの肥満細胞腫が少し大きくなっちゃって、そのせいかまぶたがちょっと腫れちゃってべたべたの目ヤニが出るようになっちゃってたので、
2週間前からステロイドの服薬を始めていました。
投薬の経過を見てもらうので翌週も通院してたばかりだったのに…
投薬の経過観察で今日(24日)も通院の予定でした。

おかしいな?って思ったのは22日、私が朝起きて支度をしていた時に「何だか元気がないな〜?」な感じでした。
ライたんはすんごい苦いステロイドの服薬をめちゃめちゃ嫌がってて、かなりご機嫌斜めでいじけていたので、その時もいじけて不貞腐れてるのかなって思ってました。

気がかりだったけど会社に行ってヤマに入ってる仕事のために遅く帰宅したんだけど、
呼んでも寝室のベッドの上で背を向けたまま無反応で「こりゃ相当ご機嫌斜めだー!」って凹んだんだけど、その後もゴロンと横になったまま動かずでペコリくんが様子を見に行くとマジ怒りのシャーと猫パンチを出してたりで…





私が寝る時に声をかけても無反応で寝たままのライたんを寝室のベッドの上まで運んで寝せたら、されるがままでダルそうに寝てました。
急に気温が下がったりで体調悪くなっちゃったかなと心配になったんだけど、翌日の23日(土)はどうしても出勤して終わらせないと行けない仕事があり、24日に通院予定だからどうしようかと悩みつつ床に就いたら、翌朝のライたんの様子はやっぱり病院に行かないとマズイ!なほどでした。





具合が悪そうなライたんが気がかりなのか、朝ごはんもそそくさと切り上げたペコリとサンボは、
ライたんの負担にならないような距離を置いて一緒にベッドにいました。

急いで病院に行って病状を聞かされた時は足元が崩れていくような感覚と、「とうとう来ちゃったか…」と別れの時を受け入れる自分が居て…
酸素室で苦しそうにしているライたんを励まして、会社に行ったんだけど仕事ははかどらず、
夕方にまた様子を見にいった時は少しだけ楽そうになってくれてホッとしたけど…
その後また会社に行って気を奮い立たせて仕事をしてきました。ライたんも頑張ってるんだから、私もやることはやらないとって…
だってライたんは生きてるんだから!もう一日病院に行くのが遅かったらもうダメだったんだし、間に合ったんだから!





今日の昼前に面会に行った時には起き上がって、酸素室の中に入れた私の手に頭をぐーんぐーんってしてくれて嬉しかった…
カリカリも少しだけ食べてくれました。





そして同日の夕方に面会に行った時にはちょっと眠そうにしてたけど、また手からカリカリを食べてくれたー!





ライたんがいる酸素室は診療スペースの一角で隣が一時預かりちゃんがいるケージがあり、トリミングスペースもありで先生や看護師さんもバタバタと行き来する場所で、
診療時間中は眠くても落ち着かないんだろうね(ノ_・。)
私が会いに行くと、リラックスできるのかきゅるるんって上向き寝んね姿も見せてくれました。
んでも今はとっても危険な状態でして…肥大した心臓は末期に近い大きさだそうです。





ライたんが入院してからサンボの様子に変化がありました。
私の後をくっついて歩いて、離れてても視界の範囲内にいたサンボが、遠くで一人でポツンとしていたり、ライたんが愛用しているベッドで寝るようになって…





ペコリくんの傍に行ったかと思ったら首っ玉にしがみついてガブガブしてペコリくんが怒るのが楽しくてちょっかいだしまくりだったのが、おとなしくしてペコリくんにペッタリとくっ付くようになりました。
じっとしていればペコリくんもぺるぺるしてあげてるんだけど、ペコリくんのぺるぺるがしつこいと、やっぱりガブリングしちゃうんだけど(笑)
そして、子猫悪魔の所業がほとんど無くなりました。

ライたんとはまだ1ヶ月ぐらいしか一緒にいないのに、サンボはライたんが好きだったから、何か感じているんだろうか…
何年も一緒に暮らしているペコリくんがまったく変わらないのも何だかなーだけどあせあせ(飛び散る汗)





ライたんは病院で集中治療をしていますが、この先決して良くはなりません。
お家に帰れる状態にまで持ち直してくれても、自宅で酸素室をレンタルして末期の治療になります。

いつまで一緒に居られるかわからないけど、出来る限りのことはしたい。
でも出来る範囲でしか出来ない…
なんせ一人暮らしで会社員だし、仕事を休んだらライたんの治療費も出せないし。
なので、どうか「仕事よりライたんが大事でしょ!」とは言わないで下さい。私もつらいんです。私がやってる仕事を代わりにやれるかもなのは、職場では相棒君だけなんだけど、彼も怒涛の撮影スケジュールで不在なのが多いのよ。

出勤日は昼間に仕事を抜けて面会に行きます。もちろん何かあったら仕事はぶっちぎって駆けつけます。ペコリくんとサンボに色々と我慢させちゃうだろうけど、今はライたんの為に時間をやりくりしていかないと。

今は血栓が出来てしまうこと一番心配です。血管拡張剤も入れてもらってます。
肺に溜まったお水は薬でしか出せないので利尿剤を静脈点滴していますが、心臓への負担もあるので少しずつしか入れられないそうです。
ライたんが苦しくないように痛くないように…ライたんがお家に帰れますように。

サンボの成長記録を更新していきたかったけど、それどころじゃなくなってしまいました。
ブログ更新は気力があったらしていきます。何かあった時の報告はしますので見守っていて下さい。



*********************************
ランキングには参加しておりません。
仕事が忙しくブログ訪問も難しい状況ですが、
コメント残していただけるとウレシス〜♪

ニックネーム Chikaぽん at 20:51| Comment(36) | 雷銅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
********************************* ランキングには参加しておりません。 仕事が忙しくブログ訪問も読みポチ逃げしてる状況ですが、コメント残していただけるとウレシス〜♪